ここを見よ!ローン商品のチェック方法

ローンにおいては、債権者から見て、保険のような担保を設定するものがあります。

担保について

民間のルールについては、民法が基本的な法律のようです。
ローンも、民法に則ったもので、債権と債務の関係が基礎であると言えます。
そんな民法には、抵当権というものがあります。
これは、債権者などが設定できるものです。
債権者すれば、貸したお金が確実に返済してもらえることを望みます。
そのため、ローンにおいては、必ず信用審査があります。
申込者の収入や資産状況などを計るようになります。
それはひとえに、返済能力を計っていることです。
しかし、より確実な返済を得るために、もしものためのことを設定しておきます。
それが抵当権になります。
これは、不動産などに設定することが、一般的です。
仮に債務者が返済を滞れば、抵当権を実行し、市場で売却することで、貸したお金を回収しようとします。
担保とは、まさにこのことを言います。
大きく分けると二つのものがあり、物的担保と人的担保になります。
物的担保は、すでにお話したように、不動産などに設定するものです。
住宅ローンや自動車ローンの場合、当該住宅や自動車に設定することが、一般的です。
一方、人的担保とは、保証人制度のことです。
保証にも、単なる保証と連帯保証があります。
前者の場合、請求されても、当人にするようにと抗弁できますが、連帯保証にはそれができません。
代わりに、当人に対し、支払った金額を返済するように訴えることができ、求償権と呼ばれています。
賃貸物件の保証人は、基本的に連帯保証となっています。

担保は評価価値で決まる

このように、ローンにおいては、債権者の方から、保険のような担保を設定することができます。
商品として、担保を必要とするものがあります。
たとえば、不動産担保ローンが典型的であり、事業者の中には、利用している人もいるようです。
あるいは、有価証券担保ローンも有名です。
これは、証券などを担保とすることで、お金を借りることです。
概ね担保を使うものは、大口ローンが多くなっていますが、担保価値があると認められるか否かが重要です。
たとえば、不動産なども、広大な土地があるとはいえ、立地条件によっては、それ程の価値がなく、目的の金額を借りることができないかもしれません。
あるいは、有価証券であれば、市場での価値が低ければ、担保価値も下がります。
大事なのは、市場でどのように評価されることですが、担保を実行した際、その時の経済状況なども関係するため、債権者としても、評価について、悩ましい面があることでしょう。
なお、担保に相当するものは、ローンばかりではありません。
民法には、質権が認められていますが、通常の物でも、担保として利用することで、お金を借りることができます。
すでにお分かりの方もいるかもしれませんが、質屋がこれに相当します。
しかし、ローンと異なり、借りたお金の返済期限が来ても、督促はありません。
なぜなら、そのために物を預けているからです。
また、無担保ローンでも、審査状況によっては、担保を求められる可能性もあります。
その点も念頭にしながら、ローンの申し込みをすることが大切でしょう。

関連キーワード



Copyright(c) 2017 ここを見よ!ローン商品のチェック方法 All Rights Reserved.