ここを見よ!ローン商品のチェック方法

教育ローンは、子供の教育費用に充当するために、各金融機関から提供されているものです。

子供には教育費

子供の成長は、親としても非常に楽しみなことでしょう。
将来どんな人物になるのか、それもまた、親の楽しみの一つであるかと思います。
しかし、子供が成長するとは、それだけお金を必要とします。
生活に圧迫を掛ける場合もあり、そうなれば、家族みんなが苦しくなります。
そこで、ローン利用が出てきます。
金融機関によって名前が異なりますが、教育あるいは子供ローンという呼び名が、一般的でしょう。
端的に言えば、教育費用のためのローンであり、長期返済を前提とした大口融資の一種でもあります。
たとえば、教育費と言えば、高校から掛かり出すのが、通常でしょう。
けれども、高校まで公立であれば、それ程圧迫感はないかもしれません。
しかし、高校が私立であれば、それなりのお金が掛かり、状況によっては、日本人の平均年収の4分の1以上を学費で占めることになります。
さらに、大学も私立であれば、それ以上のお金が掛かる可能性もあります。
したがって、一般サラリーマンであれば、教育ローンを利用した方が、得策であると言えるでしょう。
また、大学であれば、子供が一人暮らしをすると言っても、教育費ばかりでなく、子供の生活資金にも利用できます。
家賃は元より、食事代などを賄うこともでき、一つのローンでそこまで可能であることは、親として、非常にありがたいことではないでしょうか?

教育用でも、ローンに変わりなし

さらに、教育ローンは、高校や大学ばかりではありません。
中学や小学校でも、私立などに入学すれば、利用できるようになってします。
しかも、幼稚園からも、適用されているものがあります。
もしかしたら、幼稚園から大学まで一貫校に入学し、すべて教育ローンを利用しているという人もいるのかもしれません。
もちろん、教育ローンにも、金利が付与され、固定と変動があります。
どちらを選ぶかは、種々の状況によりけりでしょう。
また、教育ローンも、銀行系はもちろん、ノンバンク系からでも提供されています。
一般的な傾向としては、金利で見れば、銀行系の方が低くなっています。
しかし、審査を速めにしたいということであれば、ノンバンク系が適しているようです。
これもまた、個別事情によりけりでしょうが、子供の状況などにも関わって来ることでしょう。
なお、教育ローンを使っている人は、学資保険も利用している人が多いようです。
これは、教育過程にある子供を抱えている親のための保険であり、基本的に生命保険となっています。
かつては、死亡保障のみのようでしたが、今では、満期になれば、満期金が下りたりするものもあるようです。
しかも、お祝い金、あるいは、医療保険のような入院保障を付けられるものもあるようです。
こういう保険を併用することもまた、重要であるようです。

関連キーワード



Copyright(c) 2017 ここを見よ!ローン商品のチェック方法 All Rights Reserved.