ここを見よ!ローン商品のチェック方法

無目的ローンは、カード型であり、非常に利便性の高い商品であるようです。

フリーローンもある

住宅や自動車ローンは、目的別ローンの一種です。
使い道が決まっているもので、それ以外に利用できないようになっています。
基本的に証書タイプであり、契約書のようなものを利用し、お金が振り込まれます。
支払額も決まっているため、余計なことに利用できないというのが、事実でしょう。
しかし、目的別があれば、目的のないものもあります。
それがフリーローンとなっています。
一般的にカードタイプであり、限度額が設定され、それ以内であれば、自由に利用できます。
非常に利便性が高く、消費者金融のものであれば、提携ATMで自由に借りることができます。
しかも、返済もATMで行うことができ、カードのメリットを十二分に利用できるでしょう。
けれども、利便性が高いということは、それだけ、使用したい衝動に駆られる可能性もあります。
つい使いすぎ、限度額いっぱいになってしまう、というケースも多々あるようです。
特に小口融資であれば、そういう傾向があり、複数の小口融資を利用し、返済に困ってしまったという人も多々いるようです。
こうなれば、別な大口ローンで、一旦まとめて返済するか、法的措置である債務整理などを行う必要性が出てきます。
そうならないためにも、自己管理が大切なようです。
また、心配であれば、カードタイプでなく、証書タイプで利用するようにすることが大事なようです。

念頭しておくべきことがある

けれども、利便性が高いものであれば、それだけ使い勝手が良いとも言えます。
無目的であっても、自分から目的化することで、効果的な利用方法が可能です。
また、通常、フリーローンであれば、小口の部類に入ります。
100万円程度が限度であることが、一般的なようです。
しかし、最近では、フリーのカードローでも、数百万円まで借りることができるものがあります。
こうなると、自動車購入もカード一枚で可能になり、現にカードで購入している人もいます。
ただし、その分、審査が厳しめとなっているようです。
これは、銀行系でもノンバンク系でも変わらない傾向のようです。
ただし、経営者であれば、こういう限度額の高いカードローンを利用している人もいるようです。
もっとも、個人のためでなく、事業の過程で一時的な回避手段として利用するようです。
ちょっとした費用負担には、たとえ事業であっても、利用できるようです。
なお、カードローンであれば、新貸金業法を知っておくことも大切でしょう。
消費者金融を対象とした法律ですが、総量規制が施行されているため、年収300万円以上でなければ、消費者金融のカードローンを利用できません。
また、年収の3分の1以上を借金に充当することもできないため、その点も、重々弁えておくべき点であるようです。


Copyright(c) 2017 ここを見よ!ローン商品のチェック方法 All Rights Reserved.