ここを見よ!ローン商品のチェック方法

小口融資を一旦完済し、続きの返済額を減らしたいのであれば、おまとめローンが適切かもしれません。

小口をまとめよう

小口でお金を借りることもできます。
小口融資と言われるもので、ぜいぜい限度額が最高でも100万円程度のものです。
複数の商品を利用できるため、非常に便利なものです。
しかし、小口融資は、一般的に金利が高く、なおかつ、個別に返済をしていれば、それだけ、月々の返済も大変になります。
そこで、それらをまとめるローンが提供されています。
それがおまとめローンです。
概ね限度額が数百万円程度であり、証書タイプもあれば、カードタイプもあります。
カードであれば、限度額まで自由に借りることができ、非常に利便性に富んだ使い方が可能です。
しかし、小口のカードローンを使い、複数のものを利用したため、返済に困っているのに、またしても、カードタイプのローンを使えば、同じ道を踏んでしまう可能性があります。
そのため、カードローンで返済が困ったのであれば、おまとめは、証書タイプで行うのが、適しているようです。
そうすれば、余計なことをせず、まとめたいローンのみを対象とすることができ、一種の目的化を達成できるでしょう。
けれども、同じカードタイプでも、限度額が高めのものであれば、自主的にまとめることも可能です。
先でも申し上げていますが、カードタイプの場合、自己管理が重要です。
それを重々踏まえながら、利用すべきでしょう。

別なローンであることの認識

また、おまとめローンは、銀行系でもノンバンク系でも、商品が提供されています。
なかには、金利が数パーセントというものがあり、非常にお得な感じがあります。
しかし、小口とはいえ、複数の融資をまとめるということであれば、それなりの金額となります。
完済するまでに長期期間掛かる可能性もあります。
そうなれば、住宅ローンと同様、金利が低くても、時に返済負担を大きく感じてしまう場合もあります。
この点も、十分理解しておくべきでしょう。
なお、人によっては、おまとめローンを債務整理の一つとしている場合もありますが、債務整理はあくまで、法的措置の一種です。
おまとめローンは、別なローンであり、法律行為ですが、法的処置ではありません。
民間の行為であり、商行為の一種でもあります。
しかも、お金を借りるため、必ず返済しなければいけません。
たとえ数パーセントの金利であっても、元本以上のお金を返済することになります。
その点については、十分認識しておくべきでしょう。
ちなみに、今ではインターネットでもおまとめローンを探すことができ、そのまま申し込みも可能です。
ただし、実際の契約をするのであれば、金融機関の窓口に赴く必要があります。
その点では、大口融資の一つである住宅ローンと同様と言えるようです。

関連キーワード



Copyright(c) 2017 ここを見よ!ローン商品のチェック方法 All Rights Reserved.